多肉植物の葉挿しが楽しい!

photo ガーデニング

 

多肉植物は、葉挿して簡単に増やすことができます。

もちろん増やすことも楽しいのですが、やはり、葉の切り口から小さな芽や根が出てくるのがなんとも嬉しく、かわいくて仕方がないのです。

葉挿しに向いている多肉植物

 

多肉植物には、葉挿しに向いているものと、向いていないものがあります。

 

葉挿しに向いているのは、やはり葉を取りやすいもの。エケベリアやセデベリア、グラプトペタルムなどは比較的葉挿しがしやすいと言えます。

 

逆に、ハオルチアやガステリアなどは、葉挿しでは芽や根が出にくいと言われています。

 

それでも、葉挿しができないというわけではありません。

 

葉挿し用に取った葉(もしくは取れた葉)に、成長点がしっかりついていれば、割と何でも葉挿しができると思います。

 

成功率の高い葉挿しの方法(我流)

 

葉挿しの仕方は非常に簡単です。

 

葉っぱを取って、置いておくだけ。((笑))

 

それでも、芽が出たり出なかったりで、勝率は五分五分。試行錯誤の結果、今のスタイルになりました。

 

1.まず、葉挿し用の葉っぱを収穫する。しなびていない元気な葉を、成長点を残して(←重要)親株から外します。

 

2.収穫した葉をメネデール(通常希釈)につける。

つけている時間は数分から数十分。私は、先に容器にメネデール水を用意し、葉挿し用の葉を取ったらそのまま容器の中にちゃぽんと、メネデール水の中に葉を収穫していきます。

 

3.新しい土を用意し、挿す。

土は、サボテン用のゴツゴツしたものより、少し目の細かい軽いものが良いように感じます。葉挿しのうちはあまり水はやらないので、そこまで排水性にはこだわっていません。

メネデール水から取り出した挿し葉は、そのまま切り口が少し土に埋まるくらいに挿し、薄く土をかけます。

 

4.芽(根)が出るまで、3~4日に1度くらいで葉水をする。

葉をつけていたメネデール水を、霧吹きなどに入れて使用すると便利です。

 

あくまでも我流です。挿し葉は乾燥させませんし、土の上に置くというよりは、埋めてます。それでも、芽が出ないことはありますし、気候もあると思います。

 

通常の葉挿しは、こちらを参考にされてください。

 

兎さんの葉挿しもかわいい!

挿し葉の水分はどんどん抜けて、その分新芽が大きくなります。

 

最近、兎さんがお気に入り。

photo

photo

 

この、小さい芽が可愛い!!

photo

 

最終的に、挿し葉はカラカラに。

photo

 

この可愛らしい姿が見たくて、どんどん葉挿しが増えてしまっています(笑)

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました