そもそも、多肉植物って何!? どんなの?

photo ガーデニング

 

 

最近、いろんなところで見かける多肉植物。

 

独特なフォルムや花姿は、ついつい目を引かれるものがありますよね!

 

熱心なコレクターさんもいますし、品種によっては高額で取引されているものもあるんですって。

 

種類も豊富で、原種だけで1万5千種以上。園芸種も含めると2万種を越えると言われています。

 

そもそも、多肉植物とは何なんでしょうか?

 

 

多肉植物とは?

photo

 

多肉植物とは、肉厚な葉や茎、根の内部に水分を貯蔵している植物の総称です。

 

セダムやサボテンも多肉植物に入ります。ただ、サボテンも非常に種類が多いため、一般的には多肉植物とサボテンは分けて考えられることが多いようです。

 

世界中に自生していますが、砂漠や海岸、高山といった水分を得にくい、非常に厳しい環境で自生しています。

 

生きるために必要な水分を確保するため、その体の中に水分を多く含んだ『多肉』な植物なんですね。

 

丸いプニプニとした形の葉や、こんもり膨れた幹や根。より水分を集めるために、糸を出したり、絨毛に包まれていたり。また、光を取り込むために葉がキラキラと透けていたり。そのユニークなフォルムに、私はがっつり魅了されています!

 

 

多肉植物って、どうやって育てるの?

photo

 

園芸店やホームセンター、一般の商業施設、100円ショップなど、多肉植物はすごく身近なところで購入することができます。

 

そして、育て方も簡単!!

 

本来の自生地の環境が厳しい分、軽い放置プレイでも、ある程度元気に育ってくれます。

 

でも、完全放置はやっぱりダメかな。ただ、品種や地域(気候)によっては、屋外でなら放置のままでも生育可能というところもあります。それでも、最低限のお水(雨)と日光が必要です。

 

逆に、多肉植物を育てていて、ダメにしてしまう一番の原因は、水のやりすぎ。

 

多肉植物は、水分をなるべく溜め込むように出来ているので、過度な水やりは水分過剰で腐らせてしまいます。特に、底に穴の開いていない、かわいい容器に入っているときは注意が必要です。

 

水やりの調整が難しいと感じるかもしれませんが、そんなことは全然ありません。プリッと張った葉っぱが、水分が減ってシワが出てきたときが水やりのサイン。多肉植物本人が教えてくれますよ!

 

 

 

多肉植物って、花が咲くんですよ!!

サボテンの花は見かけたことがあると思いますが、コロコロでプニプニの多肉植物も、素敵な花を咲かせてくれます。

 

一見、その見た目からは想像できないような、かわいらしい花を咲かせてくれるんです。同じ多肉のサボテンも、あのトゲトゲの姿に、なんともカラフルでかわいい花を咲かせてくれますよね。

 

多肉植物は種類が多い分、花の姿形もいろいろです。

photo

photo

 

もし、目を惹かれる多肉植物に出会ったら、気軽に育ててみませんか?

一気に多肉植物の魅力にハマっちゃうかもしれませんよ!!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました